Introduction


NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
SPONSORED LINKS

 
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
カードゲーム モンスターコレクションTCGの回顧録を書いてます。
<< ミラーイメージ | main |

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
MC1において、「鏡蟲」は異常に強すぎるユニットでした。

で、MC2になり、黒曜蟲という、「スペル:*」のみを封印する
ユニットが出てきて、このユニットはバランスが取れていたように思います。

こういったユニットは増えすぎても問題ありなんですが、
個人的に考えてみたいくつかのユニットを書いてみます。
ユニット…というより、特殊能力の効果ですが…^^;

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

例1「魔力吸収」〔戦闘常時〕
戦闘に参加するすべてのユニットが対象。
対象ユニットが「スペル:X」枠を持ち、「レベル:2」以下の場合、
すべてのスペル枠を失い使用出来なくなる。
一度失ったスペル枠は、戦闘終了時まで復活しない。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

例2「魔力吸収」〔戦闘常時〕
戦闘に参加するすべてのユニットが対象
対象ユニットが「スペル:X」を持つ場合、
そのスペル枠ひとつを失い、使用出来なくなる。
複数のスペル枠を持つユニットの場合、一番右にある枠を失う。
一度失ったスペル枠は、戦闘終了時まで復活しない。
この効果は重複する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

例3「魔力吸収」〔戦闘常時〕
戦闘に参加するすべてのユニットが対象。
対象ユニットのスペル枠をすべて使用不可にする。
一度失ったスペル枠は、戦闘終了時まで復活しない。
  「儚い命」〔常時〕
このユニットが対象。
対象ユニットは、自軍のスペル枠を持つユニットが
1体以上存在する地形にのみ即時召喚出来、存在出来る。
自軍ユニットに、スペル枠を持つユニットが存在しなくなった時
このユニットは破棄される。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

例4:「魔力吸収」〔戦闘常時〕
戦闘に参加するすべてのユニットが対象。
対象ユニットのスペル枠をすべて使用不可にする。
一度失ったスペル枠は、戦闘終了時まで復活しない。
  「儚い命」〔常時〕
このユニットが対象。
対象ユニットは、同じ地形に「スペル:X」枠を持つユニットが
存在しなくなった時点で破棄される。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

例5:「魔力吸収」〔戦闘常時〕
戦闘に参加するすべてのユニットが対象。
対象ユニットのスペル枠をすべて使用不可にする。
一度失ったスペル枠は、戦闘終了時まで復活しない。
   「魔力の呪縛」〔常時〕
このユニットが対象。
対象ユニットは、進軍出来ない。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

例6:「魔力吸収」〔普通〕
戦闘に参加するすべてのユニットが対象。
このユニットのレベルを「レベル:+1」することで
「スペル:X」枠を持つユニットのスペル枠を1つ失わせる。
複数のスペル枠を持つユニットの場合、一番右にある枠を失う。
この効果は重複する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

例7:「魔力吸収」
戦闘に参加するすべてのユニットが対象。
戦闘が始まる前に、ダイスをひとつ振る。
※このダイスに他の効果は適用されない。

対象ユニットは、特定の「スペル:X」枠を全て失う。
失うスペル枠は、ダイス結果により適用される。
ダイス目「1:聖」「2:魔」「3:火」「4:水」「5:土」「6:風」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

っと、パッと思いついた7つを載せてみました。

例1は、即時召喚ユニットだけでもいいかなという考えもありました。
全部のユニットが対象になると、やはり、デック構築の楽しさが半減します。
なので、こういう形なら面白いかなと思いました。
また、戦闘開始前にダイスを振って、その出た目のレベルだとか、
「ダイス目−1」のスペル枠が失われるでもよかったかなと思いました。

例2は、吸収出来る戦闘スペルはユニット1に対して1つという感じで
考えてみました。もちろん、この能力を持つユニットが2匹(2体)居たら
2つ失います。

例3は、この能力を使用する側にも制約を付けてみようと考えました。
なので、戦闘スペルデックに、この能力を持つユニットが混入するという
こともありえるわけです。

例4は、一時的な凶悪さという意味で、戦闘が終了すれば、
この能力を持つユニットは破棄されてしまうというものです。
もちろん、自軍のユニットに、スペル枠がいるユニットがあれば破棄されません。
デック構築で頭を悩ますと思います。

例5は、召喚するタイミングを難しくしてみようというものです。
重要な拠点での戦闘では、継続して重宝しますが、召喚する地形の判断を
誤ると、まさに重荷になってしまったりすることもあるかもしれません。
これに近いもので、進軍はOKだけど、本陣には「普通召喚/即時召喚」が
出来ないという制約があっても面白いかもしれません。

例6は、普通タイミング限定になりますが、連続使用も可能な例2の能力です。
これを「手札を1枚捨てる毎に」というような制約であっても面白そうです。
デック破壊を許してしまう強力な能力ほど、お互いに制約がないと
一方的になっては、ゲームとして成立しなくなる場合もあるということで。

例7は、特定のスペルが吸われるという形なら、
かなり運が絡むけど、モンコレらしいかなと思い書いてみました。



今回は、同じ魔力吸収系の特殊能力でも、
ある程度運用を難しくする方法をいくつか書いてみました。

強いだけのカードって、某お子様ゲームみたいに見え、個人的にはイマイチで、
強いカードには、それなりの制約があったりして、運用が少し難しくなっている
のが、適正だと思っています。

もちろん、MC2では、鏡蟲は復活しなかったわけですが、
使用するプレイヤー側にもある程度制約をしいる部分のある強さであれば
個人的には、使い手の技術になってくるので、そういうのは好きだな^^
| もしも…があるなら。 | comments(3) |
| - | - |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2009/05/10 4:00 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2009/06/29 10:08 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/03/10 9:23 AM |