Introduction


NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
SPONSORED LINKS

 
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
カードゲーム モンスターコレクションTCGの回顧録を書いてます。

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
効果を発揮すると、ちょっと進軍がテクニカルになるカードですが、
MC1で、たまに使っていた儀式のひとつに「ウィザードロック」があります。

なんといっても、自分のユニットに飛行ユニットが多かったので
歩行ユニットが進めなくなる、とっても便利なカードでした。


儀式スペル:ウィザードロック
デックに1枚制限。隣接する2つの地形の間にこのカードを置き、
「歩行」では進軍出来なくする。この効果はゲーム終了まで続く。


でも、今考えると、このカードだけが、ほとんどの儀式の中で
他に類のないカードだったように思います。
「地形と地形の間に効果」というカードは、他になかったですよね。

設置時点で「カウンターリチュアル」しないとゲーム終了まで
配置され続ける効果って、やはり強いです。

まあ、最初は面白がって使ってるだけで、お互いの代理地形の間に置いて
結局、土中移動されたりとか…まだ、使い方が確立されてなかったなあ^^;

戦略的に使い込むというより、自分に飛行ユニットが多いから、
入れておけばOK程度の考え方だったので、
自軍本陣前に配置した「鋼の門」or「ひとつない空」or「星を掴める距離」
と相手本陣前の地形とを結ぶだけの単純なものばかりでしたし…

自軍本陣との間にの前に貼っておくのも面白いですけどね。

戦略的な考え方の出来るカードだっただけに、
もう一歩踏み込んで考えてみてもよいカードでした。
(でも、この使い方が一般的でしょうね)


まあ、儀式自体が、ブースターが増えるにつれ、使用することがタブーのような
そんな雰囲気になってしまいましたし、現に自分でも一枚制限の多いデックは
運要素だけが強く安定しないデックというイメージも大きかったのもあります。


こういったカードは、他に覚えがないので、ちょっとアイデアを出してみますが

一切のユニットが進軍に利用出来ない
とか
「属性:X」は「飛行/長距離飛行」であっても進軍出来ないとか
とか
通貨時点で、ユニットを1体破棄しなければけないとか、
とか
ユニットが通過するたびに隣接する地形が入れ替わる
とか…微妙かな^^;

こういったカードの補足で
どちらかの地形が破棄されたら、効果を失って捨て山にいく
とか
一方が代理地形の場合、配置出来ない
なんかはあってもいいかもしれませんね。


初代モンコレの初めの頃、わたしが「聖と水」のデックが主流の時がありましたが、
友達に、この儀式を使われて、妙〜にイヤな気分をしたカードでした(笑)

どちらかと言えば、速攻系でしたので、
地形カードも少ないか入れてなく代理地形メインでしたので、
余分に山札を代理地形に使わされることが、キツかったんですよね^^;


もちろん、これはお互い様でしたけどね。
| 思い出の儀式 | comments(2) |
儀式スペル思い出話でもうひとつ…

個人的に、攻撃系の儀式スペルは手軽すぎて面白みに欠ける…
と言いつつも、こういった進軍系のカードは、たまに使ってました。

儀式スペル:シルクロード
自軍のすべてのユニットに効果。対象ユニットが「地形:道」に存在する場合、
もう一度進軍出来る。この効果によって、このターン内に進軍した地形へ、
再度進軍してもよい。

多分、エラッタに近いですが、
「地形:道」上のすべての自軍ユニットが対象なんですよね。
これは
・パーティが対象ではない…
・さらに、進軍した地形に再度進軍しても良い

という時点で、恐ろしいことが発生します。
ユニット1体が相手本陣へ進軍、即時召喚 → 攻撃 → 進軍失敗
次に、次のユニット1体で相手陣に進軍 即時召喚 → 攻撃 → 進軍失敗

繰り返せることになります。
相手は対抗カードが次第になくなって、最後は本陣陥落です。

わざわざ、ユニット1体毎を対象にし、進軍した地形に再度進軍可となれば
こう解釈出来てしまうんですよね。

実際は、「シルクロード」の効果で進軍した地形には、
もう進軍出来ないというのが、本来の捉え方だと思うのですが、
この書き方だと、厳密解釈すると出来てしまうわけです。


なので、前にもデック紹介で書き、その時もこのコンボを書いていますが
「イノセント・インセクト」と「シルクロード」という凶悪なコンボが出来ました。
※ルールはMC1当時

虫たちユニットは、「イノセント・インセクト」の効果で
死亡しても手札に帰る形にしておき、
シルクロードの効果で、「地形:十字路にそびえる塔/道」から
1体だけユニットを進軍させ、即時召喚でユニットを即時召喚。
死んじゃったら手札に帰るので、次のユニットを進軍させ即時召喚…繰り返し…

最初の進軍はレベル2以下での進軍がベストで
進軍を繰り返す毎に、手札にレベル2以下のユニットが増えていきます。

で、レベル2以下のユニットでの進軍が出来なくなったら、レベル3以上の
ユニットで相手本陣への進軍&即時召喚を繰り返す…いつかは落ちるでしょう^^;

注意点は、同時タイミングで、この場合は虫達の特殊能力が失われるので
手札が減ってしまいますが、虫にはイニシアチブを取れるユニットは多いので
結構、確率的には強力なコンボでした。 あと、蚊取り線香も要注意ですね。

あ…
フライングフィアーもこのタイミングだけは捨て山に行けたんかな…?
実際、やったことはないですが…すべての特殊能力を失ってるわけですしね…

っと、話は戻って…

進軍系の中で、かなり詐欺くさいコンボですが、
あまり使われなかったのが救いです。
地元や仲間内でシルクロードを使うのは、わたしくらいのものでしたし(苦笑)
| 思い出の儀式 | comments(0) |
ユニットで、手札を捨てさせるで有名なのは、
サボテンマンや、ダークエルフ、などが有名ですが、
初代儀式で、相手の山札を削るデックには、強烈なものがありました…


儀式スペル:デーモンコントラクト
デックに1枚制限。
戦場に存在する自軍のユニット1体を破棄することで
そのユニットの「レベル」と同じだけの枚数を、
対象プレイヤー1人の手札に補充させる。

儀式スペル:ファーマシー
デックに1枚制限。
プレイヤー1人に効果。
手札が10枚になるように調整させる。
手札が10枚より多ければ破棄し、10枚未満なら可能な限り補充すること。

儀式スペル:デーモントレード
デックに1枚制限。
戴せない手の手札をランダムに3枚破棄する。
その後、破棄したのと同じ枚数枚数だけ、自分の手札を補充すること。

儀式スペル:リフォーメーション
デックに一枚制限。
自分の捨て山からカードを1枚選択し、山札に戻す。
その後、山札をシャッフルする。

儀式スペル:ナイト・ビフォア・アーマゲドン
デックに1枚制限。
すべてのプレイヤーは、自分の捨て山から、
カードを5枚まで選んで山札に戻し、山札をシャッフルする。
残りの捨て山のカードはゲームから除外される。
このカードは使用された後、ゲームから除外される。

儀式スペル:カントリーロード
デックに1枚制限。
戦場に存在しているすべてのユニットに効果。
対象ユニットはそれぞれのプレイヤーの本陣に強制送還される。
このとき、「リミット」を超えるユニットはすべて破棄される。
破棄されるユニットは各プレイヤーが選択する。
また、この儀式スペルを使用したターンは、それ以降進軍出来ない。

※これらの儀式スペルには、後々の修正で
  効果発揮後に進軍出来ないなどの追加が加えられているものもあります。


当たり前の話、MC1発売の古代王国セットが出る前の話ですが…、
これらのコンボ使ったのはアイツだ…という友人は1人しかいませんが
ホント凶悪でした。でも、それはコンボとしては決まりませんでしたが
「サボテンマン」でこちらの手札を減らしてからのファーマシー → ターン終了
というものでしたが、これでも十分痛い…痛すぎですよ〜。・゚・(ノД`)ヽ

まあ、上のカードも入っていたみたいですが、
こちらが速攻デック系なので簡単には決めさせませんでしたが…


実際の雑誌でのコンボが、
デーモン・トレードで手札3枚減らして、ファーマシーで10枚まで増やし、
デーモン・コントラクト(ユニットレベル8破棄)で、さらに8枚増やさして
ナイト・ビフォア・アーマゲドンで、使った儀式カードを含む6枚を回収。
これらのカードを山札に戻してシャッフル、これでターン終了で
相手は泣く泣く手札6枚に調整する…

で、山札から引いてきたら、もう一回コンボ…だったかな?
リフォーメーションで、ファーマシーだけ戻しても怖いですが…^^;

さらに、カントリーロードかまされた日には…
               いや、その前に投了でしょうね。。。

そりゃ…決まる可能性は、そんなに高くないといっても、
当時のベルダンディ3枚OK、妖精の輪ありの、セルフポートレイト発動…
組み込んであれば、かなり引ける確率も上がりますからね。

ユニット「サボテンマン」と「大砂蟲」、儀式スペル「バイオハザード」が
入っていれば、進軍にも余裕が出来ます。
地形に「地上絵」があれば、「サボテンマン」や、「虹を紡ぐ天使」を
2体まで、カントリーロードの犠牲にさせずに済んだりとか…


モンコレ2になって、
儀式がターン1回になってしまい決めることすら出来なくなってしまいましたが、
ストーンサークルや儀式発動媒体1つに付き、1つ儀式発動なら、
意外に「難しいコンボだけど狙ってみよう」になってたんじゃないかなと思います。


まあ、レア度が高いカード同士のコンボは、買い込んだり、トレードが
結構難しい人もいたでしょうけどね。

わたしを含む友人数人は、モンコレキティでしたので、
開封して儀式スペルの「極稀」が出ると、i|||i_| ̄|○i|||iイラネ…
                 になるくらいだったんですけどね^^;
| 思い出の儀式 | comments(0) |